毛量と脱毛時の痛みの関係

現在一番主流な脱毛方法となっているのが、美容外科やクリニックで行われているレーザー方式、またはエステサロンで行われているフラッシュ方式の二つです。

これらの方法で脱毛を行う場合、施術時にはある程度の痛みが生じるのが普通ですが、その痛みの強さは毛量に応じて変化するということをご存知でしょうか。



基本的にはムダ毛の量が多ければ多いほど施術の際の痛みは強くなります。
その理由はこれらの脱毛方法のメカニズムにあります。

レーザー方式とフラッシュ方式は、ムダ毛の毛根に特殊なレーザーまたは光の光線を照射し、毛根に熱のダメージを与えることでムダ毛を再生させる細胞の機能を停止させ発毛を抑制します。

レーザーと光は黒い色素に反応して熱を発生させるので、体毛がある部分にのみ熱を与え、肌全体ではなく毛根部分にピンポイントで効果を発揮することができるのです。



体毛に存在する黒い色素はメラニン色素と呼ばれ、メラニンが多いほどにレーザーと光の作用は強く働くようになります。
毛量が多い、あるいはムダ毛の毛質が太くしっかりとしている場合には作用が出やすいため、脱毛効果は現れやすいですがその分熱による痛みが強くなる傾向があります。

レーザー方式は医療用の高出力レーザーで処置をしますので、エステの脱毛よりも更に痛みが強くなることがあります。


その為クリニックでは肌に塗るタイプの麻酔を用いて施術を行うこともあります。

レーザー方式で痛みが気になる場合は麻酔の使用について医師や看護師に相談してみるとよいでしょう。