結婚式の二次会で使う景品選び

subpage01

今回は、私が結婚式の二次会で準備したことについて、お話します。

挙式、披露宴とは違ってリラックスした雰囲気で、ゲームなどをして盛り上がりたいと思っていました。
盛り上がるのは、やっぱり景品があるゲームです。

結婚 二次会 景品の詳細についてはこちらです。

誰でも簡単にルールがわかるように、私の場合はビンゴ大会をやりました。

参加人数は約50名で、景品の数は8個用意しました。
当初は20個ほど用意したいと考えていましたが、それではゲームに時間がかかりすぎてしまうので、諦めました。
披露宴の準備が忙しく、二次会の準備にあまり時間を使えなかったのですが、インターネットの通販で景品がセット販売されていることを知りました。
大当たりになるような目玉商品も含まれて、バランスの良い組み合わせになっているものが数多くありました。

NAVERまとめ情報は必ず役に立ちます。

また、食品や大きいサイズのものは目録という形で、後日当たった人に郵送されるようになっていました。

食品の場合は現物になると温度管理が大変ですし、持ち運びの手間もかかります。



直接、郵送されるのは嬉しいポイントでした。
更に当たりがわかりやすく、写真パネルがついてくるものもあり、会場に飾っておくだけでインパクトがあって良かったです。
ひとつひとつ自分で買いそろえるには、お店を何件も見たりしないといけないので時間も掛かりますし、ラッピングする手間なども掛かってしまいます。
今回インターネットの通販で、全てそろえることができて、私はとても楽に準備ができました。